保険会社から逸失利益をもらえない場合は弁護士に依頼する

交通事故で補償される内容の中には、逸失利益というものがあります。
これは交通事故にあわなければ得られていたはずの利益となるのですが、会社員として働いている方やパートアルバイトとして働いている方であれば逸失利益を受け取るために必要な給与明細書や源泉徴収票を準備するのもさほど大変ではありませんので、保険会社とトラブルが生じてしまうようなことはありません。
しかし、家庭での仕事を手伝っていたりする場合には給料明細書なども発行されていないことが多く、逸失利益として認められるかどうかが保険会社との間でトラブルになってしまうケースもあるようです。

書類が揃わないと逸失利益を払わない保険会社もいる

例え書類がなかった場合であっても平均的な年齢から中には導き出し、逸失利益として支払ってくれる保険会社であれば良いのですが、このような書類にこだわり、実際に書類を提出してもらえなければ逸失利益として扱えないと言う保険会社もあります。
また主婦の方の名前にはご家庭で内職のような仕事で働いていたりすることもあるのですが、このような仕事に関しても、収入がはっきりとしないため、逸失利益として認めるのは難しいと言った保険会社もあるでしょう。
万が一このような部分で保険会社と揉めてしまうような場合には、自分で話をすることも大切ですが、弁護士を間に入れて話をしていくようにしましょう。

上記したように働いていることが確認できていれば先方の会社に確認を取ることや平均的な年齢から収入を導き出し、日割り計算で逸失利益を受け取ることができる可能性が高くなります。
専業主婦の方であっても同じような方法で年齢から計算し、逸失利益を受け取ることも可能になっていますので、交通事故の被害者になってしまい、逸失利益を受け取ることができないといったケースはほとんど少ないといえるでしょう。

示談してしまう前に弁護士に相談する

しかし保険会社によってこのような内容を詳しく知らない方の側には受け取ることができないと諦めてしまうこともあるようです。
もちろん諦めてしまい、示談に応じてしまえばそれ以上の請求を行うことはできなくなってしまいますが、示談になってしまう前の段階であれば何度でも保険会社と話をしていくことができるでしょう。
スピーディに話をまとめるためにも弁護士の力はとても有効であり、正当な手段で逸失利益を請求するといった部分では面倒なことにはならず助かると言う人がたくさんいます。
交通事故にあわなければ、得られた収入に関してしっかり保証をしてもらわなければ困りますから、仕事ができるにもかかわらず、全く働いていないような状況でなければ受け取れるものだと認識しておきましょう。

ボーナスが受け取れるタイミングであれば、ボーナスの部分まで逸失利益に加算することが可能なだけではなく業績が良く、今回からお給料が上がるといったタイミングで事故に遭ってしまった場合にもこうした部分を徹底的に保険会社と交渉していくことが可能です。